コロナ ワクチン 遺伝子 - 『新型コロナ遺伝子ワクチンも感染源になる!』

遺伝子 コロナ ワクチン 【こちらサンスポ社会班】「遺伝子ワクチン」接種に慎重判断を 一部専門家が注意喚起

遺伝子 コロナ ワクチン なぜ、ワクチンは痛いのか ~化粧品アレルギーに注意、体調不良は回避を~【

『新型コロナ遺伝子ワクチンも感染源になる!』

遺伝子 コロナ ワクチン 「新型コロナワクチン」を家族に打たせてはいけない(週刊現代)

遺伝子 コロナ ワクチン コロナワクチンの材料「RNA」とはそもそも何か 「タンパク質」「DNA」「RNA」に至る遺伝子研究の歴史(1/4)

『新型コロナ遺伝子ワクチン接種者から何かが出ている?』

遺伝子 コロナ ワクチン 【警告】新型コロナワクチンで人体に「ヤバすぎる変化」が起きる可能性!? 元理研研究員が“眠れる遺伝子”覚醒の危険性を指摘!

【警告】新型コロナワクチンで人体に「ヤバすぎる変化」が起きる可能性!? 元理研研究員が“眠れる遺伝子”覚醒の危険性を指摘!

遺伝子 コロナ ワクチン コロナ・ワクチンの罠 正体は恐怖の「遺伝子治療」だ!

コロナ 世界初“遺伝子ワクチン”開発の現状 私たちが使えるのはいつ?(日本テレビ系(NNN))

遺伝子 コロナ ワクチン 【必読】「新型コロナワクチンによってDNAが“いじられる”」「影響は未知数」医学博士で北里柴三郎の子孫が危機感表明!(渾身暴露インタビュー)

遺伝子 コロナ ワクチン 初めての『人間の遺伝子組み換え』危険なワクチン

遺伝子 コロナ ワクチン コロナワクチンの材料「RNA」とはそもそも何か 「タンパク質」「DNA」「RNA」に至る遺伝子研究の歴史(1/4)

遺伝子 コロナ ワクチン 【衝撃】10年後、20年後 新型コロナウイルス

ワクチン接種で「遺伝子組み換え人間」にはなりません:朝日新聞デジタル

つまり、集団免疫という幻想(サイエンスではない)を持ち出していること(過去記事でもお伝えしましが、これは、あまりにも無理筋すぎて話になりません)。

  • この強い炎症を引き起こすスパイクタンパク質や遺伝子がエクソソームから放出されれば、それを吸い込んで処理できない女性に月経異常が出ても不思議ではありません。

  • 米国のカルフォルニアの病院(San Jose Kaiser hospital)では、ファイザーの新型コロナ遺伝子ワクチン接種10日以内に新型コロナ感染症のアウトブレイクが発生しています(『1 dead, 60 infected in COVID-19 outbreak at San Jose Kaiser hospital』ABC7 News, January 6, 2021)。

  • ウイルスがない!だからワクチン作れない (図4)は、従来型と新型ワクチンの開発方法を、比較している。

【警告】新型コロナワクチンで人体に「ヤバすぎる変化」が起きる可能性!? 元理研研究員が“眠れる遺伝子”覚醒の危険性を指摘!

マイクロチップを潜ませ、人類超監視社会へ・・・ 詳しくはこちらより購読をお願いします: ザ・フナイ 2020年11月号 マスコミのタブー200連発〈128〉 より 月刊『ザ・フナイ』は、船井幸雄が「世の中を変える意識と行動力を持つ人に向けて発信する」と決意し、(株)船井メディアより2007年10月号から創刊した雑誌です。

  • それがペテンであることは、この連載でも指摘した。

  • そしてその結果、ダウン症候群、クラインフェルター症候群、ターナー症候群、遺伝性心不全、血友病、嚢胞性線維症、レット症候群、他を患っている患者と同じように残りの人生を不治の遺伝子異常で苦しむことになります。

  • 仮に妻や娘が妊娠中だったら、打たせることは絶対にありません」 本誌が取材した多くの医師や研究者は、「ワクチンの接種が始まったら、自分自身には打たざるを得ない」と話す。

コロナワクチンの材料「RNA」とはそもそも何か 「タンパク質」「DNA」「RNA」に至る遺伝子研究の歴史(1/4)

しかし、それはアイデア倒れとも、言えそうだ。

  • , , , ,. そして臨床試験の実験台となった15人の被験者ら(被験者全体の20%)は深刻な副作用に苦しんでいます。

  • 「ワクチンの型は大きく5種類にわかれます。

  • 不活化ワクチン、弱毒化ワクチン、組み換えタンパクワクチン、核酸ワクチン、それにウイルスベクターワクチンです。

コロナワクチンの材料「RNA」とはそもそも何か 「タンパク質」「DNA」「RNA」に至る遺伝子研究の歴史(1/4)

核酸ワクチンに至っては、人間への実用化の例はない。

  • まるで政府と報道各局が、足並みをそろえているかのようです。

  • この横暴から子供達を守るのは、親やそばにいる大人しかいません。

初めての『人間の遺伝子組み換え』危険なワクチン

そしてその病巣部から同じ微生物が分離されること。

  • また、新型コロナワクチンに限らず2009年のインフルエンザワクチンによるアナフィラキシーの報告例も、特に20~50代で男性より女性の比率が高く、20代では女性が男性の7. その後、20世紀には数多くの生ワクチンや不活化ワクチンが開発され、多くの感染症が撲滅されていきます。

  • 「一方で、接種に前向きな医師もいる。

  • すっ飛ばして人間でやる。

遺伝子組み換えワクチンとは?コロナワクチンの未知のリスクを解説

そして今回のワクチンは、化粧品のように皮膚に塗るのではなく体内に注射するので副反応は強くなるでしょう。

  • 先進各国がワクチンの確保で競っていますが、日本も積極的に動いています。

  • しかし、これまでワクチンが伝染病を予防した、という客観的な証拠(エビデンス)は、存在しない(例外は、製薬業界がねつ造したデータのみ)。

  • まさに何が起こるか、わからない。




2021 goboma.com