イギリス 集団 免疫 - 日本の「日常」、集団免疫獲得は再来年4月予測|テレ朝news

免疫 イギリス 集団 えっ! 集団免疫では新型コロナ封じ込めが難しいって本当?(宮坂

免疫 イギリス 集団 「アメリカで集団免疫の獲得は難しい」NYタイムズ|テレ朝news

免疫 イギリス 集団 イギリスの集団感染・集団免疫の方針は、基本的に日本と一緒ですか?医療崩壊を起

免疫 イギリス 集団 イギリスの新型コロナ感染拡大 集団免疫狙った戦略は失敗か

集団免疫を高めて新コロナウイルスに対抗しようと言うイギリスの計画

免疫 イギリス 集団 イギリスの失敗と集団免疫政策のリスク

集団免疫を高めて新コロナウイルスに対抗しようと言うイギリスの計画

免疫 イギリス 集団 犠牲やむなし、イギリス独自のコロナ対策 「集団免疫」で収束狙う

「アメリカで集団免疫の獲得は難しい」NYタイムズ|テレ朝news

免疫 イギリス 集団 英政府の対コロナウイルス戦争の集団免疫路線から社会封鎖への「方針転換」と隠れた戦略(小野昌弘)

免疫 イギリス 集団 集団免疫を高めて新コロナウイルスに対抗しようと言うイギリスの計画

免疫 イギリス 集団 「アメリカで集団免疫の獲得は難しい」NYタイムズ|テレ朝news

免疫 イギリス 集団 イギリスの「集団免疫」は科学的か諦めか?_中国網_日本語

英首相の「集団免疫」計画で数万人が犠牲になった──元側近が責任を追及(ニューズウィーク日本版)

」(引用:在英国日本国大使館メール 3月12日) 日本と同じで、感染拡大のピークを遅らせることで、医療やライフラインの崩壊を防ぐ作戦である。

  • ・米大統領は、このアウトブレイクを国家の非常事態として宣言した。

  • 確かに、感染後に回復して抗体を持つ人は現れるかもしれませんが、一定数の死亡者は覚悟しなくてはなりません」 これをイタリアの死亡率7. それは感染症によって感染力が異なるからです。

  • 第二の誤解は、ジョンソン首相が今週月曜日16日に突如としてその施策を破棄したということである。

犠牲やむなし、イギリス独自のコロナ対策 「集団免疫」で収束狙う

この首相演説に対しては各種メディアの記事も反発し、科学者は政府政策の依拠するエビデンスの公開を求め公開質問状を提出した。

  • 12日に政府の緊急会議でジョンソン首相が、 「我々は現在、実施している明確な計画がある」 と発表。

  • 今回の新型コロナウイルスについても日本は最初から集団免疫の概念で行動をしていて、この集団免疫の概念ではコントロールしながら感染が広がるのを目的とするので、コントロールが可能な間は国境閉鎖や地域閉鎖はしませんし、軽症者の感染検査は意味のない行動になります。

  • スポーツの競技場といったところよりも、家の中などで家族や友人から感染する可能性の方がずっと高く、各自の手洗いと症状が出たら自主隔離の方針で良いとも言っていた。

英首相の「集団免疫」計画で数万人が犠牲になった──元側近が責任を追及(ニューズウィーク日本版)

ただ、ワクチンには副反応がつきものだ。

  • ただし、ここでいう費用は、接種そのものの費用だけを指すわけではない。

  • 一時的な炎症であればデメリットは小さいが、生命の危険にさらされたり、後遺症が残ったりするような副反応となると、大きなデメリットとなる。

  • イギリスの医療調査会社「エアフィニティー」は、各国が確保しているワクチンの量に基づき国民の多くが接種し、免疫を持つことで感染拡大を抑える「集団免疫」を獲得し日常に戻る時期を予測しました。

イギリスの新型コロナ感染拡大 集団免疫狙った戦略は失敗か

ワクチンがない以上、この戦略は国民にとって命がけの危険な賭けになってしまう。

  • SAGEは主席医務官ならびに主席科学アドバイザーに対して提言をまとめる委員会であり、すなわち政権の対コロナウイルス戦の科学サイドからの具体策を決める頭脳である。

  • 世界各国で新型コロナの感染拡大が続くなか、イギリスの調査会社は社会が日常に戻る時期を国ごとに予測し、日本は再来年の4月で先進国で最も遅い結果となりました。

  • 西浦氏も同様な考えを持っていたと思われます。

犠牲やむなし、イギリス独自のコロナ対策 「集団免疫」で収束狙う

もはや、医療体制は崩壊目前まできています」 イタリアに端を発したヨーロッパの感染爆発は収まる気配がない。

  • というのも、市中感染により60~70%の人が新型コロナウイルスに罹患したと想定すると、これまでの重症者、死亡者の増加から考えても、状況は収束どころか医療崩壊を招きかねないからだ。

  • 家族隔離:家族の誰かが熱や咳を発症した場合、その家族全員が2週間の自宅隔離とする 2. そこが、一律のお弁当で対処したホテル三日月との大きな違いのようです。

新型コロナ、「集団免疫」で医療崩壊を招く恐れ…感染初期、発熱がなくても強い「倦怠感」

ただ、副反応にも、いろいろなものがある。

  • コロナ対策を指揮するファウチ氏は「集団免疫はいったん忘れよう。

  • イギリスは政府の科学顧問が政策を担当していますから、日本政府と異なり、前日のボリス首相の記者会見でも専門的な事は科学顧問が国民に詳しく説明します。

  • ところが、イギリスではその後も感染者が急激に増え続けただけでなく、死者も予想を超えて増加し続けました。

世界中が大批判する英国式「国民60%“コロナ”罹患計画」

政府が特段の新型ウイルス対策を講じないことで、イギリス国民6600万人の60%にあたる3600万人をウイルス感染させ、国民全体の感染爆発を防ぐ効果を狙ったものだ。

  • そしてこの方針は、当然いまも捨てられていないはずである。

  • アメリカで少なくとも1度ワクチンを接種した人は、5月3日の時点で人口の44%を超えました。

  • 「それは些細なことではないと思います。




2021 goboma.com