東 浩紀 - 東浩紀『動物化するポストモダン』はどこがまちがっているか――データベース消費編|しんかい37(山川賢一)|note

浩紀 東 「科学vs政治の対立構造に」東浩紀×伊藤亜紗、コロナ禍を考える|【西日本新聞me】

浩紀 東 東浩紀「女性の『かわいい』を持ち上げる行為はジェンダー平等に逆行する」 〈AERA〉|AERA

浩紀 東 東浩紀のおすすめ本5選!「ゲンロン」で有名な評論家であり哲学者。

米津玄師と東浩紀と三島由紀夫を結ぶ「セカイ系」という1本の線

浩紀 東 米津玄師と東浩紀と三島由紀夫を結ぶ「セカイ系」という1本の線

東浩紀「女性の『かわいい』を持ち上げる行為はジェンダー平等に逆行する」 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

浩紀 東 批評家の東浩紀氏「超法規的リンチよくない」小山田圭吾の過去いじめ問題で

浩紀 東 批評家の東浩紀氏「超法規的リンチよくない」小山田圭吾の過去いじめ問題で

浩紀 東 1755夜『動物化するポストモダン/ゲーム的リアリズムの誕生』東浩紀

東浩紀

浩紀 東 新宿本店 フェア

批評家の東浩紀氏「超法規的リンチよくない」小山田圭吾の過去いじめ問題で

浩紀 東 「科学vs政治の対立構造に」東浩紀×伊藤亜紗、コロナ禍を考える|【西日本新聞me】

浩紀 東 東浩紀「TwitterやYouTubeで『知の観客』をつくることはできない」 いまのネットにある「違和感」の正体

東浩紀「女性の『かわいい』を持ち上げる行為はジェンダー平等に逆行する」 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

宇宙生物学が専門の同僚が、「生命を定義することはできない」と言っていたことを思い出しました。

  • みなさんのなかにすでにある哲学が生まれ落ちる手伝いをする。

  • 賞を取る。

  • 東浩紀さんの、 嫁の、ほしのさなえさんの、 父親は、 ハードボイルド小説の翻訳家である、 小鷹信光さんなので、 東浩紀さんの義理の父親は、 小鷹信光さん、 ということになります。

何でも無料のインターネットは、「商業道徳」を無視しすぎている 【初対談】東浩紀×楠木建 前編

だから多くの読書が孤読になっていく。

  • グーグルの検索エンジン、アルゴリズムを利用したデータ分析による新しい広告表示など、近年のITにおける革新は、文化、経済、政治、社会のあり方を作り変えていく可能性を持っています。

  • もはや大学教授もやめちゃったし。

  • 築地の病院でみなさんのことを思い出していました。

東浩紀『動物化するポストモダン』はどこがまちがっているか――データベース消費編|しんかい37(山川賢一)|note

先行きが見えないからこそ「老後2000万円とか無理だし、今ワンチャン一発当てとけ」と。

  • そこで田中雅一の「フェティシズム研究」3冊本(京都大学学術出版会)を下敷きにすることにした。

  • だから、何かのきっかけで『鬼滅の刃』みたいにポンと大当たりが出るかもしれない。

  • 離婚から始まる恋を描く『』の主題歌として描き下ろされたこの楽曲。

東浩紀「コロナ禍で『リベラル』な知識人は『監視社会』を肯定してしまった」

自分の人生には、ポートフォリオは組めないのです。

  • 東 というと? —— すごく普通のトーンで、「おれ、けっこうサルトルとか良いと思うんだよねえ」って。

  • 「利他」をテーマに共同研究を進めている。

  • なぜこうした矛盾が生じてしまったのでしょうか? 理由は推測できます。

東浩紀のおすすめ本5選!「ゲンロン」で有名な評論家であり哲学者。

ゲンロンは、そのような意味で、つねに哲学の産院であり続けたいと考えています。

  • 東浩紀さんの、 娘さんの進学した、 中学校がどこなのか、 というのは、 具体的な学校名は分かっていませんが、 おそらく、 東京都内の、 進学校である私立の中学校ではないか、 といった見方が、 ネット上ではされているようですね。

  • ニコニコ動画ではユーザーによるコメントが動画を覆い尽くし、動画の内容そのものより目立ってしまうこともある。

  • これは矛盾以外のなにものでもありません。

新宿本店 フェア

東浩紀さんは、 『CLANNAD クラナド 』に触発されて、 小説を執筆した、とまで言われています。

  • あれ、この「東浩紀」という人、ニコ生主かと思っていたら意外と難しい本も読んでるのでは? みたいな(笑)。

  • 主要著作の一つ『一般意志2. 21世紀前半のものでは、ポール・ラビノウの『PCRの誕生』(みすず書房)、アルフレッド・クロスビーの『史上最悪のインフルエンザ:忘れられたパンデミック』(みすず書房)、カール・タロウ・グリーンフェルドの『史上最悪のウイルス:そいつは、中国奥地から世界に広がる』(文芸春秋社)、ローリー・ギャレットの『崩壊の予兆:迫り来る大規模感染の恐怖』上下(河出書房新社)など。

  • 無料の広告モデルに頼らず、配信時間によって課金される仕組みが特徴。

新著『ゲンロン戦記』が異例のヒット…東浩紀氏に聞く「インターネットの失われた10年間」

東の文章は、哲学に特有の抽象的な概念による空中戦を、現実の問題に引きつけて巧みに論じていて、これまで哲学と無縁だった方に対しても開かれているのです。

  • これではネットに顧客を奪われても仕方ない。

  • それが理解されていない。

  • そもそもぼくは邦訳でしか読んでないですからね。

新著『ゲンロン戦記』が異例のヒット…東浩紀氏に聞く「インターネットの失われた10年間」

一方、地球市民として「大事なことは外国人も入れて相談しあおうよ、外国人参政権マンセー」「個人の自由とかもっと拡大しようよ、自由最高」とも書いたので、伝統的大和精神を持った日本人だけでなれ合い続けたい右翼団体からも売国奴扱いされた。

  • 無料の広告モデルに頼らず、配信時間によって課金される仕組みが特徴。

  • 『資本主義問題』では、リスクとオプションの問題、金融工学関係、宇沢弘文、中谷巌、IMF、地域通貨や仮想通貨、アート市場については別のエディションにまわした。

  • 書くなかでは、1章は何文字、2章は何文字、3章は何文字といちいち計算しながら、同じ重要性をもつものは同じ長さになるように、いろいろ整えています。

    関連記事



2021 goboma.com